競馬、宝くじ、FXなどの自動売買ツール、パチンコ、スロットは副業になるのか?魅力的だけど危険な罠のある副業の実態とは?

競馬、宝くじ、FXなどの自動売買ツール、パチンコ、スロットは副業になるのか?魅力的だけど危険な罠のある副業の実態とは?

 

 

競馬ソフト、コンピューターによる売買システムを試してみた。 

 

最近のコンピューターで分析するという競馬システム、競馬ソフトは、よくできています。過去のデータを取り込んで、予想をすると確かにかなりの確率で当たります。技術の進歩を取り込んで、作ってあるので、よくできてはいるのですが、使っているうちに問題が出てきました・・・。

 

少しずつ利益が出てきて喜んでいたら、ある時、全部外れて、赤字分が、1日で今までの利益を全部0にして、更に、マイナスにしてしまいました。今のソフトはそれなりによくできていて、データ分析もしっかりできています。だからと言って100パーセントあたり、利益が常に出るというわけではありません。

これは、コツコツどっかん型の副業です。コツコツどっかん型というのは、利益が少しずつ出ていて(コツコツ)いいなと思っていたら、ごっそり損失が(どっかんと)出てしまって、赤字になってしまうもののことを言います。

 

同じようなタイプが、自動売買ソフトです。この自動売買ソフトも進化してはいるのですが問題点があります。為替差益を利用するFXなどによく見られますが、あるロジックに基づいたシステムを作って、それに合った動きがあれば、利益が出ます。

 

問題点は、このシステムは、急激な変化やロジックと違う動きをされてしまうと、ついていけず大きな赤字を出してしまうということです。宣伝には、利益が出ると書いていますが、その利益は、ロジック通りに進んだ場合のケースについてです。ロジック通りに進んでいるときは、確かにその通りなのですが、ある時、ロジック通りに進まない状況が発生してしまいます。

 

そして、販売業者の宣伝文には、損失を被った時のことは載せていません。現代の日本では、すべてのことについて書く必要がないということなのでしょうが・・・。

 

宝くじで大儲け?

 

宝くじはどうでしょうか?宝くじの利益率が悪いことをご存知の方も多いでしょうが、宝くじ売り場で、「この売り場で1億出ました。」という旗を見たことはある方は多いでしょう。ですが「この売り場で、9999人の方は損失を被っています。」という旗を見たことはありません。(苦笑)

 

宝くじについて正直にデータに基づけば、損失について書いている旗がたくさん並ぶことになるのです。

 

実際には宝くじは、買い続けても損失の方が多いという結果になります。これはコツコツ損失、どっかんと大儲け(ただしあなた以外の方が儲けることが多いです。笑)モデルです。

 

パチンコ、スロットは記憶の勘違い?

 

パチンコやスロットはどうでしょうか?パチンコ、スロットの問題点はいくつかありますが、習慣化してしまうことです。また、儲けた時の記憶が強烈で、その興奮が忘れられずに通い続けてしまいます。負けた時の記憶を、数少ない勝利の興奮の記憶が上回り、勝ち越している錯覚を引き起こします。

 

この罠から抜け出す方法の一つは、つぎ込んだお金とその損失と利益をノートに記録するということです。1か月毎日、記録をとり続けて、数値化すると赤字が続いていることが分かります。すると、暗い気持ちになるかもしれませんが、勝利の興奮も客観的に見ると、ほんの少しだけなのだということに気づくことができます。

 

FXなどの自動売買ツール、競馬ソフトはシステムにお任せになりますので、コントロールがききません。

宝くじは運のよい人以外は、損失しかありません。運頼みです。

スロット、パチンコは、戦略を持っている人の中には実は稼いでいる人もいます。ただしこれは、かなりその情報に精通している人で、それに基づいて判断ができる人でないと難しいのです。

これから必要となるスキルとは?文章作成、人前で話すスキル。そして、動画 動画編集 画像を使いこなすスキル。

 

これから必要となるスキルとは?文章作成、人前で話すスキル。そして、動画 動画編集 画像を使いこなすスキル。

 

 

副業や収入につながる情報がたくさんあって、いったい何を勉強したらいいのか迷っている方がいらっしゃいます。これからのお話は短期的には、役に立たないように見えるかもしれませんが、長期的に見るととても大事な話になります。

 

今の時代に、そして、これからの時代に、

 

永続的に勉強していった方がいいこと、どのような時代になっても必要な根本的なスキルについて書きます。

 

〇古くて新しいスキル。文章作成、人前で話すスキル。

 

 

それは、古くて新しいスキルです。

昔から、人類は、自分の考えを人に広める時には、頭の中で何を言うかを考え、まとめて話をしました。それを聞いた人々はその考え方に共鳴し大きな集団となりました。人類の歴史の中で、宗教家や政治家は人前で話すことによって支持者を増やしてきました。

 

正しい事だけではありません。戦争に導いたり、魔女狩りというような、今考えてみるとそれは間違いだろというような考え方もそうして支持者を集めたりするようになりました。

 

更に、紙に文字を印刷できるようになって以来、自分の考えたことを世の中に広めるようになってきました。

 

そうです。古くて新しいスキルとは、文章作成のスキルと人前で話すスキルです。

 

時代遅れ、面倒くさそう、もっと素早く儲けられるスキルが知りたいと思う方もいらっしゃることでしょう。

でも、よく考えてみてください。ビジネスにも重要な役割を果たしているフェイスブックは、考えていることやしていることを書かないといけませんね。ブログはもっと自分のテーマに沿って深く考え、書き込む必要があります。

 

人前で話すスキルについてですが、これはユーチューブなどの動画を見ると、わかります。楽しく、わかりやすく、興味を引くように話して、モノを紹介して、それを購入するように促したり、宣伝をしたりしています。電気掃除機の紹介、新しく発売された製品についての紹介など、見たことがある人も多いことでしょう。

 

女性でしたら、自分で好きなブランドのアクセサリーを紹介して影響力を持つなどしています。ユーチューブという現代的なメディアにおいても、人前で話す技術は必須となっていることがお分かりいただけることと思います。

 

文章作成と人前では話すスキルはつながっています。文章を書いて人に伝えるということも人前で話して伝えるということも実は同じことです。人前で話すにしてもどのような流れで、人を納得させるのか文章を自身で考えておかなくてはいけませんので、結局はつながる技術です。

 

以前、お話の好きな方でポッドキャストを使って話をしているのを聞いたことがあります。話し始めると、楽しく話をするのはよいのですが、話が脱線して、テーマからそれて、話が終わってしまいした。文章も人前で話をすることもテーマごとに幹を持っています。途中でいろいろなエピソードを挟んで話が進んでいきながらも、テーマに沿ってその時間を終えるということは同じことなのです。話好きだけでは、趣旨が伝わらないケースが出てきます。

 

文章作成と人前で話をするスキルは、同一だと思ってください。それを磨くためには、本を読むこと、すぐれた講義を聞くことが大事です。人気のある映画や小説、ユーチューブの動画もよく見て、自分なりに工夫して取り入れていくとよいです。

 

〇文章作成と人前で話すスキル。その次に大事なスキルとは?

 

 

文章作成と人前で話すスキルの周辺にあるものというと、写真などの画像、動画、動画編集です。これは、人間の歴史としては、カメラ、テレビ、ビデオから始まった新しいものではありますが、これからはこのスキルも重要になってきます。

 

フェイスブックには文章の他に写真が出てきますし、動画も流れます。インスタグラムは、文章は多くありませんが写真が多く使われています。ユーチューブは、興味を引く、面白いトークが大事ですが、動画をとる人のセンスやスキルも大事です。

 

文章作成 人前で話すスキル。そして、動画 動画編集 画像を使いこなすといっても、そのすべてを自分でできる人は多くありませんので、自分が得意なものや勉強していけば自分の武器にできるかどうか考えて取り組んでいかれるとことをおススメします。

配達 配送業、タクシー運転手、運転手の方たちの未来と副業

 

配達 配送業、タクシー運転手、運転手の方たちの未来と副業

 

配送、配達業の将来 

 

アマゾンで買い物をする、通販で買い物をするということが盛んに行われるようになってきました。スーパーにもいかない日と行く日を分けて生活をしている人も増えてきています。買い物に出るのは1週間のうち、1日だけで、あとは、インターネットで買い物をして届けてもらうという方法です。

 

そうすると、配達する量は多くなり、車を運転し、配送する仕事は、今は多いです。だからと言ってこのまま安泰であるということは言えません。

 

今後は、運転を自動化し、人の手を使わずに配送するシステムになります。自動化された車は、最初は決められた場所を周遊するなどして、入り込んだ場所は、人が運転をするということになるかもしれませんが、それでも徐々に自動運転による配達範囲は増えていくことでしょう。

 

これが、都市だけでなく、山間部でも起こるようになると、高齢者やスーパーが遠くて行きにくい場合にはとても助かります。サービスという点では望ましいのですが、働き手の側としては仕事が奪われるということになります。

 

それに、長距離はともかく、短距離間ではドローンや小型のヘリコプターなどにより、機械が配送するようになるとされています。現在各国で、ドローンによる配送が研究、実験が行われています。すると、短距離間だけでも、数年後には、人が配送をするということが減ってくることになります。

 

配達業の人たちののライバルは、こうした自動化された技術だけではありません。外国からの労働者たちもライバルになります。車の免許は、誰でも取れる資格ですので、特に難しいというわけではありません。コンビニや工場での労働者の中で、外国人が増えてきているのです。

 

昔、車を所有する人が少なく、免許も取らない人が多かった時代には車の免許を持ち、運転することができるということは一つの資格として通用していました。今では、誰でも取れますし、交通ルールを理解することができれば外国人の労働者も参入しやすい資格でもあります。

 

タクシー業、運転手の将来

 

タクシー業界はどうでしょうか?タクシー業界には、二つ危機があります。一つは一般の人たちが、空いた時間に自分の車を運転してタクシーの役割をするシステムです。暇なときに、近くで車を必要とする人がいたら、配信システムを見て、タクシーの代わりをするというものです。

 

もう一つは自動化された車が走るということです。これは日本でも実験車が走っていることがニュースになるのでご存じの方も多いことでしょう。

運転手、配達、配送業の方は、ここ10年で、仕事が激減、激変してしまうことになります。

 

おススメの 配達、 配送業、タクシー運転手、運転手の方たちの副業

 

 

では、こうした職業にある人達が、副業をするとしたら、どうすればいいでしょうか?それはスマホを使って、隙間時間に販売メールを送り、ネット上でセールスを行うというモデルです。

 

たとえば、タクシーの運転手さんたちは、野球の試合が終わるころ、野球場の近くに列をなして、止めています。それは、確実にタクシーを利用したいという需要があるからですが、待っている時間はもったいないです。その間に、スマホで販売をすることができれば、いい副業になると思いませんか?

 

語学という手もあります。CDを聞いて、英語、韓国語、中国語を勉強するという手もあります。観光立国を目指すという方針を日本は持っていますので、これはこれで有効な手ではあります。ただ、語学は簡単な接客ができる程度だと重宝されることはあっても、それほど利益を生まないです。

 

長距離トラックなどの場合も今は、一定の時間運転をしたら、休憩をとるようになっていますので、その間にスマホでセールスをするなどすると副業としてお金が財布に入ってきます。

 

しかも、それが、将来に結びつくような副業なら、なおさらいいと思いませんか?

 

この点については、詳しくは、他のブログ記事を読んでください。

 

隙間時間で稼ぐというと、「スマホでポチポチ押すだけ」という安易な詐欺ビジネスの宣伝にひっかからないように注意しておいてくださいね。

 

これも、他のブログ記事を参考にして下さい。

副業元年から、がっつり儲ける、そして、この先の将来につなげる稼ぎ方。

副業元年から、がっつり儲ける、そして、この先の将来につなげる稼ぎ方。

 

 

政府が後押しして、企業に勤める人たちに副業を勧める時代になりました。副業と言っても色々ありますよね。

何でもお金になりそうなものなら手を出す。これだと、ジタバタ感があって、その場限りのお金儲けに終わりそうです。

何をしたらよいのかをまずじっくり考えてみましょう。たとえば、将来はどのような仕事があるのだろうか?ということから考えてみましょう。

 

皆さん方も、スーパーに行ったら、気づいていると思いますが、店員さんがスーパーではレジを打って、お客さんが、お金を支払ってお釣りをもらってということが昔は普通でした。今は自分で、支払いを行うセルフレジになっているお店も増えてきています。

お気づきだと思いますが、レジの仕事は将来的にはなくなるか、今よりも少ない人数で行われるようになります。これは、間違いのないことです。

 

知人で、5年位前に、スーパーで働いていた人は、研修してレジ打ちを鍛えられてうまくなったのに、これからは「その仕事がなくなるなんて。」と、がっかりしていました。

皆さんもお気づきだと思いますが、なくなる仕事があるのです。

 

これは絶対にやってはいけない副業。

 

すぐに稼げるけど、将来につながらない副業です。一番身近なのが、レジ打ちです。皆さんは、目にしていますよね。

では資格はどうか?

これも将来は、大きく変わるといわれています。たとえば、司法試験に合格するということはどうでしょうか?

司法試験に通って、弁護士等になることは、以前はエリートで高収入の職業でした。現在はお金を稼げなくなってきている職業ともいわれています。将来的には、その分野に特別に詳しく経験のある人か、または、判例を記憶しているAIなどの知恵を活用できる元締めのような人しか稼げないともいわれている仕事です。

 

将来的に期待される職業

 

では将来的に成長が期待されていて、その中で活動することを考えながら、副業をするというのはどうでしょうか?それはどこでしょうか?

 

その分野とは、インターネットでの仕事です。

アマゾンの急成長ぶりが、従来のスーパーや小売業の業績を圧迫していること、ネット通販の業績が大きく伸びていることなどを考えると、この分野が成長していくことは間違いありません。

物販だけではありません。教育も動画配信やメールを使って盛んにおこなわれるようになってきています。

マーケティングも以前は、インターネットのマーケティングではなく、リアルのマーケティングでしたが、今はインターネット上のマーケティングやセールスに変わってきています。

 

こうした流れを受けて考えるべきことは、インターネット上で使える無料のSNSの使い方や有料でもインターネットビジネスの有効な教材を使いながら、副業で稼ぎながらビジネスを覚えていくといいうことです。

ネットビジネスって、怪しくない?そして、もうからなくて、詐欺が多いのではないかと思われる方も多いですが、ネットビジネスも競争原理でよいものを出さざるを得なくなってきています。もちろん、いい加減なものが9割ともいわれていますので、要注意なのですが、マーケティングや時代の流れに沿ったネットビジネスも増えてきています。

 

これらの無料、有料のツールや教材を使いこなしながら副業をするのが、おすすめです。

そして、これらのものを使いこなすことが次世代の起業社会を生き延びるのに必須となることを覚えておいてほしいのです。

 

副業として バイナリーオプションは安全なのか?潜入して検証してみた。

副業として バイナリーオプションは安全なのか?潜入して検証してみた。 

 

バイナリーオプションというものがあります。投資の1種なのですが、ご存じない方のために簡単に説明すると、1分後、5分後、15分後に上がるか下がるかを予測して、その通りになったら、お金が増えて、反対の方にいってしまったら、お金を失うというものです。これだけ聞くと、確率は50パーセントだから儲かりもしなし、損失もないのではないかと思うかもしれません。また、ギャンブルだと思う方もいることでしょう。

 

では、実際はどうなのかということについてレポートします。

 

実は、バイナリーオプションの会に参加したのですが、先生の明るく調子のいい

 

「皆さんで儲けましょうね。みなさん、がっちり儲けてますよ。サインツールに沿ってポチポチ押すだけで儲かります。」

 

という説明があったのですが、なんと休憩時間に周りの人に聞くと

「儲かってません。」

「簡単に儲かるわけはない。」

という逆の言葉だらけです。

 

「これは、一体何なんだ????」

 

その講師は

「ツールのサインに沿って、スマホをポチポチ押すだけで、稼げます。」

「億万長者になりたければこれをするしかない。」

と言っていたのですが、結果が出ている人がほぼいないという結果なのでした。

こうしたバイナリーオプションの販売者たちは、強力な宣伝をして購入者の心理をあおって販売に結びつけようとするのですが、実際には利益を出すことができないということになります。

 

では、バイナリーオプションで稼ぐことはできないのか?

 

実はそんなことはないのです。ツールを使いますが、実は「裁量」といわれる、自分で判断をする能力を高めれば7割~9割稼げるようになります。

 

ツールがサインを出しても、

「ここは下落や上昇がずっと続いているからはエントリーしない。」

という簡単なルールを理解しておくだけでも、マイナスが出ないので、その分、利益率が増えるということが起こるのです。つまり、こうした判断をするためには、勉強や学習会に参加(動画でも)して、判断スキルを磨いていく必要があるのです。

 

バイナリーオプションは、販売者は、

「頭を使わずに努力しないで儲けたい」

という心理を巧みに突いて、

「あなたは、ツールのサイン通りにスマホを、ポチポチ押すだけ」

などの表現で、販売を行っています。

 

これらの業者の利益は、ツール販売による利益がほとんどなので、派手で非現実的な宣伝を行い、ツールを売ろうとします。

そして、3か月後にはそのサイトは閉じられ、お金を出した人には、損と借金が残るという結果が待っています。

 

しかし、一方で次のような会があります。

ツールも販売するのですが、裁量のスキルを高めるために講義や説明を毎月、継続的に行います。購入者はツールも購入するのですが、講義も聞いて勉強をし、裁量スキルを高めていきます。こちらのケースでは、学習も継続しながら取り組むということになります。

 

どちらの販売ケースが多いかというと、ツール販売さえ成功させればいいという業者の方が圧倒的に多いです。これは、楽して儲けたいという気持ちがある消費者が多いからでもありますが。

 

どちらが儲かるかというと、当然「裁量」について地道に学習して、判断能力を高めることができたほうが、勝率が上がりますので、利益が出ます。

では、どのような視点で本物のバイナリーオプションの会を見つければいいかというと、

 

「裁量」について

 

・短期間でサヨナラすることなく、雲隠れせずに、

・長期間教え続けられ、

・自分で稼ぐこともできていて、

・質問にも答えられる講師

 

がいるかどうかにかかってきます。

 

投資が好きで、バイナリーオプションをしてみたい方はこうした先生がいる会を探して始められることをおススメします。

今まで、違法になっていて、禁止されていた企業の中でも副業が解禁されたのは、なぜ?

 

日本人は、戦後から、経済成長をする中で、大きな企業に勤めて、いい会社に入って、一生そこで頑張りなさいといわれてきました。家庭も顧みず、昔は、24時間働きましょうと言われていました。そう言われて、そのまんま、疑いもなくやってきた大人は、がんがん働いて、退職すると力も尽き果てて、夢も、したいこともないので、すぐに、死に至ることが多かったということでした。(悲)

 

 

なぜ、日本は政府も、企業もこのような施策を行ってきたのかというと、個人の全能力を仕事に注いでもらうのが、企業や政府にとっても、日本人にとっても一番いいとされてきたからなのです。企業の中の1つの仕事に全力を注いでもらうためには、副業を禁止して、更に違法にしてしまえば、人々の労働力はそこに集中するだろうというわけですね。

賢いけど、矛盾もありますね。違法で禁止だったものが、これからは徐々に、合法で認められるのですから。

 

その背景にあるのは日本が昔から培ってきた、空気のように当たり前になっている、ある事があるのです。

 

日本は、昔から、個人を大事にしない社会でした。個人よりも全体の大きな組織を大事にしてきました。滅私奉公という古い言葉があるのですが、私のことは、無くして、幕府やその藩の大名やその商売のお家の業に力を注ぐことが大事と教えられてきました。この流れはが、本当に身についてしまっているんですね、私たち日本人の中に。

 

それで、組織から離れて個人が稼ぐなんてことはあり得なかったのです。

 

ところが、今からの社会は個人が力を付けなくてはならない社会ですし、個人が力をつけようと思ったら、そうした能力を得やすい社会になっています。インターネットで、検索すれば知識は手に入りやすいし、たとえ独学でも、調べる習慣がある人は、それだけでいろいろな知識・情報が手に入ります。これは以前の社会では考えられなかったことです。

 

大きな企業は、たくさんの人数を抱えることで、規模の大きな営業をすることができていました。多人数が、一度に営業にかかれば、成約率が高くなりました。でも、今はSNSなどが発達していますので、個人でも影響力がある人は、1人で100人分の制約をすることができる時代になってきました。

 

そこで、大企業は、人員を減らして、SNS上で影響力のある人に仕事を依頼するということが多くなってきたのですね。

 

そうした状況に加えて、日本は年金を出すことができない社会になっています。財源がないとか財源はあるのに年金としては拠出しないとか、いろいろ意見はあるのですが、例えば防衛費、国際支援にはお金を回しているので年金にお金を回せないのはおかしいとか・・・本当に、いろいろあるのですが、それでも年金は増えないので、退職したら、自分で稼ぐという方向に向かっています。

 

企業内でも長時間労働で生産をし続けたために、労働時間は長いのに一人当たりの生産性が先進国の中でも低くなってきているという状況があります。企業も生産性が上がらないのでは賃金を上げられません。そして、人員減らしに走ることになります。

 

年金問題、リストラ対策、雇用されても賃金が上がらない現状、個人の生産性の問題を踏まえて、個人で稼ぐ力をつけてくださいね、ということになってきています。

 

ただ、公務員は別で、副業を禁じている状況ですが、その分、再雇用ということで長期間労働(65歳まで? 68歳まで? 70歳まで? 再雇用制度の中で働く。)になってきています。ですが、これも東京オリンピック以降はどうなるかわかりません。年寄りを再雇用するよりは、外国人を安く採用した方が、効率がいいということになって、日本人の長期間労働もなくなることがあるかもしれませんね。

 

というわけで、結論は、自分のスキルを上げて、個人で稼げる力を副業しながらつけていくということが正解です。

副業は夜間にする?午前中にする?それとも、夜明けにする?

 

副業というと、通常の会社勤務が7時に終わるとしたら、それから、食事して夜中の2時まで、居酒屋のバイトをする。または、人が起きていない時間に早く起きて新聞配達などの仕事をする。こうした発想が出てくる方が多いです。これは時間と肉体を使って仕事をしようということです。

 

これは、若くて体力のある方なら、こうした選択肢もあっていいかもしれませんが、中高年になって体力が衰えてきたときにこうした選択肢が果たしていいのかどうかということは考えておくべきです。

 

それに加えて、こうしたバイトは時間給で、お金が固定されています。1時的には、東京オリンピックまでは、外国の観光客の方が増えるということで、飲食店や居酒屋などで人手不足のため、アルバイトしようと思えば、仕事はやりやすいことでしょう。すぐに手に入る1200円?は欲しいかもしれませんが、立ち止まって考えることをお勧めします。

 

それに対して、ネットを使った副業ならば、時間に縛られることがありません。場所も自宅でも、交通機関に乗っているときでも可能なものもあります。相手側(バイト先の会社)の都合に縛られることがありません。自由な時間選択が可能になります。

 

もう一つ大事なポイントは、居酒屋や新聞配達のバイトでは、1時間当たりの金額が固定されているので、まじめにやっても努力しても、得られるお金がほぼ変わらないということです。しかも東京オリンピック以降はこの1時的な好景気が続くのかどうかも不透明です。オリンピック後は、多くの国で不況になったといわれています。そのときに、夜間や早朝バイトで同じ金額を得られるでしょうか?

 

インターネット上の副業には時間選択という自由のほかに、もう一つ利点があります。スキルを上げると時間単価が上がります。たとえば、SNSを使って、セールスをするということは最初はやったことがないので(みんなはじめは初心者です。)、躊躇するかと思いますが、慣れてくると成約率が上がります。すると時間単価にすると、バイトの時間単価を上回ることになります。

 

たとえば、居酒屋や新聞配達のバイトを、1日5時間夜間や早朝で、20日間やったとすると、1か月で100時間なので、1200円×100=12万円です。それに対して、ネット上で、10万円の案件を、セールスして、2件売れれば、20万円になりますので、これでバイトよりも上回ることになります。スマホがあれば場所も時間も自由で、自宅でも移動中でも、行えます。

 

しかし、ネット上のセールスで100時間もかけて、2件というのは少なすぎます。100時間かければ、モノによりますが、4、5件以上は成約しますので、40~50万円は利益が出るということになります。

 

これはお客様にとってもよい案件であることが条件の一つになります。また、最初は、どうすればわからないので、そのノウハウも学ばなくてはならないということもありますが。

 

 

すぐにできそうなバイトを考える前に、何をすればよいかを考えてみてはいかがでしょうか?