★重要案件  「ICOの窓口」

★重要案件  「ICOの窓口」

http://ap-asp.com/ad/10020/768747

長期的サポート ☆☆☆☆☆

先進性(※1)   ☆☆☆☆☆

情報の信頼度  ☆☆☆☆☆

安全性(※2)    ☆☆☆☆

 

〇実際に勉強会があり参加できる。ICOに限らず、インターネット上のビジネスや塾では、コミュニティ、勉強会が成立、継続できないものが多い。安易なICOやビジネスは、主催者が、実際に会わないでいいようにしていることが多い。そうしたケースでは、ラインのみの質問会で、実際に会うことのできる勉強会が1度だけ、または、全く行われない。その理由は簡単である。中身がないビジネスや投資案件を扱う主催者は、クレームが出てくるのを恐れて、会員と会いたくないからである。

「ICOの窓口」は、継続して顔を合わせて、実際に講義を受けるという勉強会が継続して行われている。そのことだけ取り上げても信頼性が高いと言える。分からないことがあれば質問できる。

 

〇ICOは事業を「立ち上げるための資金を集めるための仕組み」である。しかし、それだけでは上場われなどの危険性のあるICOを見抜くことができない。

では、どうすればよいのか?「ICOの窓口」では、取引所が上場をサポートし、マーケティングを行い、上場の基準を満たしているかを判断するIEOを取り上げている。これは、今後の潮流になる可能性が高い。(※1)今まで、ICOが上場しないことが多く、詐欺といわれてきたが、IEOによって、上場される可能性が100パーセントに近くなっている。

 

〇ICOが上場しなくても、開発元はお金を返すことがなかったので、投資家は損をしていた。しかし、IEOによって、投資家にとってのメリットが保証される。それは、

  1. 上場確立がほぼ100パーセント。 
  2. 取引所がマーケットメイクをするため、実需としてのICOとなる。 
  3. ICO割れが少なくなる。 

    ということである。(※2)

 

〇2018年9月現在「ICOの窓口」が紹介した4つのICOはすべて上場。これは上場できないICO、さらに、上場しても事業として成立しないICOを含めると9割が失敗に終わっていると言われる中では、驚異的な数字である。  

 

〇「ICOの窓口」側は上場100パーセントを謳っているが、投資に100パーセント安全なものはない。それでも、取引所がサポートして上場をするということは、事業の将来性があると判断されているものである。上場されれば、2倍から10倍になる可能性があるといわれているので、元本割れを起こす可能性も低くなる。

 

〇IEOでは資金を取引所が集める。今までは個々のプロジェクトが資金を集めていた ため、危険性があった。IEOでは、取引所が資金のセキュリティを担うため、安全性が格段に異なる。

 

〇「ICOの窓口」では、取引所や開発者から情報を得ている。また、独占ICOを紹介しており、海外では人気が高いが、日本では一般に紹介されないICOを取り扱っている。 

 

〇「ICOの窓口」の判断力。知識と情報に精通している仮想通貨マスターが、ICOの判断をしている。一般の人がホワイトペーパーを読んでも読み解くことが難しい。ICOの窓口では、開発元から直接聞いた情報を投資のプロたちが評価する仕組みを持っている。(ICOダービー)

 

〇ICOの窓口では、投資家を要請するために、教育を行っている。ICO投資に必要な知識・情報を提供。メールでの相談は無制限。テクニカルサポートあり。

 

地震や火事などの災害やハッカーから資産を奪われるといったことが起こったケースを想定し、資産の保全の仕方についても説明が行われている。(※2)

時給戦争

時給戦争

定年が60歳から65歳になってきました。

 

(いずれは、定年は70歳、または、定年なんてなしでしょうか?)

 

 65歳だと、60歳だった時に比べて、5年間、労働期間が長くなります。

 

しかも、年金は、少なくなってきており、とてもそれだけでは生活ができないという時代になってきています。

 

労働期間が長く、年金も含めた一生分の総収入は減っているわけですから、時給になおすと以前よりも減っているということになります。

 

1部のお金持ちは別ですが・・・。今までの発想で、普通に稼ぐという生き方では、今後は厳しくなってきます。

 

更に、インターネットの時代では、稼ぎ方に格差が出てきます。

 

これからの仕事とその報酬の在り方については今までと違った報酬になってきます。

 

保険のセールスは成約によってお金を稼ぎ、報酬が異なりました。

 

たとえば、百科事典(今ではありませんが。)を、1セット売ると、報酬が発生しましたが、売れないとお金を得ることができませんでした。

 

この仕組みだとお金を稼げるセールスマンとお金を稼げないセールスマンが出ていました。

 

成約がその人の収入を決めるのです。この仕組みは、以前は一部の業界にしかありませんでした。

 

不平等にならないように賃金を同じにしようという方向で日本はやってきたのです。

 

賃金が不平等にならないようにとやってきたので、日本は格差のない平等な国だといわれてきました。

 

一方で、成果報酬型はセールスマンに多くみられたのですが、効率がいいという点もあります。

 

売る素材は会社が提示しますが、実際に売るのは、セールスマンです。

 

そして売れた分だけ報酬が発生するということですから、効率としては非常にいいのです。

 

ですが、ここで、また報酬格差を生むようになってきています。それがインターネットによるビジネスです。

インターネット上の稼ぎ方の1つが、アフィリエイトです。

 

現在、アフィリエイトでお金を稼ぐ人は全体の2割程度しかいないといわれています,.

 

努力したけれど、稼ぐことができない人が8割もいるのです。

 

アフィリエイトを始めて、その壁を乗り越えられなかった人が、収入ゼロなのに対して、

 

アフィリエイトの壁を超えた人は時給が3万円だとか、ほとんどほったらかしでも収入を得ている状況があります。

 

ユーチューブでも同じで、動画1本当たり0円の収入の人もいれば、1本で10万円稼いでいる人もいるのです。大変な格差の時代です。

 

ここで、1時間働くとして

 

・「1時間千円のアルバイト」(ただしこのアルバイトは金額が上がることはありません)

・「1時間0円かもしれないけれども、1時間10万円になるかもしれないアルバイト」

 

があるとしたらあなたはどちらを選びますか?

 

後者は、アフィリエイトやユーチューブでのお仕事です。後者はリスクがありますがうまくいけば大きいですよね。

 

例として、普通のアルバイトをした人、アフィリエイトに取り組んだ人を考えてみました。

 

Aさんは時給1000円のアルバイト来る日も来る日もまじめにやりました。年を取ってもやり続けたのですが、時給1000円なので蓄えもありません。いつもカツカツの生活でした。

 

Bさんはアフィリエイトを毎日研究したのですが、成果が出ず、蓄えも失ってしまいました。

 

Cさんは、アフィリエイトを、うまくいっている人から直接学び、最初は稼げませんでしたが、少しずつ実践してお金を稼ぐようになりました。今では時給にすると3000円くらいは稼げるようになってきました。

インターネットの時代は若いから、年を取っているからということが関係なくなります。

 

時給も1時間当たり1000円ですといったことが、なくなってきます。

 

そして成果報酬型の収益の上げ方が増加してきます。稼ぐ人は稼ぐ、稼がない人は稼がない。すると、格差が生まれていくということになります。

 

リスクをとって、Cさんのようになりたいと考えるなら、うまくいっている人のやり方を学んでいく必要があります。

 

勘のいい方なら、学ばなくても成果を出せる人もいることでしょうが、多くの人は学んで、成果を出す必要があります。

 

学んで実践すればリスクを低く抑えて成果を出すことができるようになるのです。

 

サンフランシスコ旋風はやってくるのか?

サンフランシスコ旋風はやってくるのか?

 

サンフランシスコとサンフランシスコ湾周辺には、FacebookAppleGoogleTwitter などの巨大 IT 企業があります。

 

日本でもよく耳にする AirbnbUber といったイノベーション企業も、サンフランシスコから始まりました。

 

サンフランシスコは、昔は観光地として有名でした。今は、観光だけでなく、世界を牽引するビジネス地帯として注目が集まっています。

 

サンフランシスコは IT 系スタートアップが盛んな都市としては1位です。

 

サンフランシスコは群を抜いて起業する人が多く、成功をおさめた巨大な企業があり、ニューヨークやロンドンといった都市を大きく引き離しています。

 

 

サンフランシスコ市内に居住する人口は80万人未満でしかありませんが、仕事をするために毎日サンフランシスコへやって来る人の数は200万人以上といわれています。

 

クリエイティブなデザイナーやハングリー精神あふれるエンジニアが集まって新規ビジネスの話し合い、立ち上げを、毎日のように行っています。

 

 

街全体がイノベーションを生み出そうとしている都市です。

 

スタンフォード大学カリフォルニア州立大学バークレー校など、優秀なくIT系や工学系の大学も多いため、そこで勉強をした学生がシリコンバレーで起業をするということも多いです。

 

成功した地元の投資家や資産家が、起業家精神を持っている人たちを支援し、成功した起業家たちが、また次の起業家を育てるという強力な好循環が出来上がっています。

 

 

ここまで聞くと、いいことずくめのように思えますが、問題も起こっています。

 

それが、格差社会の進行です。

 

4つの階層があるといわれています。

 

1 大手IT企業の経営者や重役たち。この方たちは巨額の収入を得ています。

 

2 大手IT起業に運よく、縁があって、または、実力があって、雇用された人たちも、解雇されるまでは、高収入を得ています。

 

3 IT起業に属さない人たちで、主に、スーパー、レストラン、服の販売、運転手・・・などのサービス業に従事している人たちです。

  この層の人たちは低賃金で、給料が上がりません。

 

4 上記3つに所属できずに貧困化している方達です。地域によっては貧困層が多くいます。

 

地域ごとに様相が違っていて、それぞれ断然状態とも言われるほど格差がひどいです。

 

また家賃が非常に高騰していて、住むに住めないという人たちも増えてきています。

 

 

アメリカ全体での格差はひどく、世帯年収トップ10パーセントの人たちの平均所得は、その下の90パーセントの9倍以上といわれています。

 

また、トップ0,1パーセントの人々は、ボトム90パーセントの人々の約200倍も稼いでいるともいわれています。

 

 

「日本はサンフランシスコ、アメリカとは違うよ、日本は平等性の高い社会だから。」

と思っているかもしれませんが、

 

日本はアメリカの後を追うとも言われているのですから、

 

少しずつこうした社会に近づいているとも言えます。

 

日本でも、アパレルの店員さんの給料やコンビニエンスストアなどのサービス業の方の時給は上がりません。

 

外国の方を使って安く上げようとか、AIやシステムを使ってコストを下げようとかしています。

 

景気のいい会社でも、社員の給料はあまり上げずに据え置いている会社も多いです。

 

重役や取り締まりは、多くのお金を受け取っているところもありますが。

猟師に学ぶ脳の使い方?グーグルにも関係アリ?

猟師に学ぶ脳の使い方?グーグルにも関係アリ? 

ビジネスマインドは、猟師に学べ。

 

人類は、昔は狩猟採取をして生活をしていました。

 

猟師は、獲物を探すときに時に、まず、その獲物、例えば、シカに焦点を当てます。

 

そして、

「シカはどこにいるか?」

「シカはどこを歩く?」

「これはシカの糞か?」

「これはシカの足跡か?」

「シカを撃つのに、最適な場所は?」

「シカを追いつめるにはどうすればいい?」

「人間の気配に気づかれないためには、どこにいればいい?」

 

「シカ」をキーワードにして、集中しながら考え、知人の猟師からも情報を得て考えていきます。

 

そして猟を成功させます。もちろん、考えるだけでなく、成功させるためには、経験を積んでいかなくてはなりません。当然、失敗もあります。

 

ですが、人間は、本能と体力だけでシカに追いついて、お尻にかぶりつくということをやって狩猟を成功させていたわけではありません。

 

シカの習性を学び、フォーカスを当てて、情報収集を行い、戦略を立てて、他者と協力しながら狩猟を成功させてきたのです。

 

この脳の力は、私たちがみんな持っている能力です。

 

たとえば、青い車を買いたいと思ったとします。

 

青い車でかっこいい車はどれ?」

青い車はどのメーカーから発売されている?」

青い車で、高級車はどれ?買いやすそうな車は?」

 

というように、脳はフォーカスを当てて、考え、検索を始めます。

 

情報を得るために、友達や知人から情報を得ることもあります。

 

資金がない場合には、お金を持っている親戚から借りることも考えます。また、友達とビジネスを興すことも考えます。

 

狩猟をしていた時の脳の使い方は、現代の、私たちがビジネスを行うときにも機能しているのです。

 

グーグル検索は、人間の脳の機能と同じように、ネット上で検索をかけます。

 

私たちの脳の特性が、検索型でなければグーグルも、利用できないでしょう。

 

私たちの脳は焦点を当てて検索をする機能を持っているのです。

 

これは、副業をする場合にも同じように当てはまります。

 

「副業はいろいろあるけど、私に合っている副業はどれ?」

「副業で月1万円ではなく、月十万円にするにはどの方法をする必要がある?」

「副業と言っても、その副業がなくなってしまうリスクもある。今後も有望な副業はなに?」

「時代の流れに沿った副業はなに?」

「未来、将来につながる副業って何?」

「時間給以上のパフォーマンスをあげる副業は何?」

「起業したいんだけど、そのための勉強にもなる副業は何?」

 

というふうに、お金を稼ぐときにも自分が持っている脳の検索機能を十分に使うようにしましょう。

 

私たちは検索をかけ、調べて、情報収集を行い、周囲の人たちと協力関係を築き、戦略に沿って、狩猟や作物を育て、生き延びてきたのです。

 

誰かがお金をくれるはずと思ったり、お金をくれない会社やくれない政府に、くれ、くれと要求をしようとすると、脳はこの機能を使うことはできません。

 

狩猟採取時代に、一部の為政者を除いては、

 

「だれか私のために、シカの肉をとってきてくれ。」

「イノシシの肉を取って来てくれ。」

 

と言っても、誰も取ってきてはくれなかったことでしょう。

 

狩猟時代に、どのように肉を得られるかに焦点を当て、その方法を検索し、一人で、または仲間と行動したもののみが肉にありつくことができたのですから。

◆重要 案件紹介 (ファイナルパートナーズ)

 

◆重要 案件紹介

「ファイナルパートナーズ」

 

 http://ap-asp.com/lp/18976/768747

長期サポート   ☆☆☆☆☆

システムの改善性 ☆☆☆☆☆

取り組みやすさ  ☆☆☆☆

収益発生力    ☆☆☆☆

 

 

特徴

〇初期費用はかかりますが、コミュニティ内で提供される情報、投資スキル、更新、改善され続けているシステム代などに追加費用は発生しません。

〇インターネット上で紹介し、メールアドレスを登録してもらうと収入が発生します。

〇メールアドレスを登録してもらうプラットフォームなどは準備されているので、することは紹介だけです。

〇紹介するための自動化されたツールもあります。このシステムは常に改善が行われ、新しいシステムも搭載されていきます。システムへの投資も常に行われて、改善がなされています。

マスターシステムはインスタグラム用、フェイスブック用などのシステムが提供されています。今後も増えていく予定です。

〇各SNSの会社は時々システムの仕様変更を行うことがあります。そのため、普通、他社で販売されているSNSのシステムは、仕様変更があると使い続けることができません。しかし、ファイナル内にはプログラマーがおり、システムも更新、改善が行われ続けています。

〇時事ネタ(ビットコインなど)も扱われることがありますが、基本はマーケティングに基づいたビジネスです。

〇報酬を分配して会員に渡す仕組みがあります。

バイナリーオプションの塾を、現在、提供しています。バイナリーオプションで必要なインディケーターも提供しています。プロトレーダーが生放送で、トレードを実演してくれる機会があります。(投資のプロといわれる人でも、生でトレーディングを見せられる人はめったにいません。)

実践者の声

〇よくあるネットビジネスは、3か月のサポート期間で、サポートも不十分。サポート期間が終わると主催者と連絡がつかない。ファイナルは、サポートが終わらず、すっと継続して行われていくので安心できる。

〇実際の勉強会が行われていること、ネット上でのサポートが受けられることで、マーケティングも勉強しながら取り組むことができています。

〇ほかの塾では、収入が発生したことがなかったが、ファイナルで初めて収入が発生した。

〇何もしないでほったらかしでも収入が発生するなんて他の塾では言っていますが、そういうことはないです。でも、ファイナルでは真面目に作業を行えば収益は発生します。

 

今後の展望

インターネット社会ではモノや情報、教育を買うことが、スマホ、パソコン上で行われています。購入するのに実際の店舗に行かずに、ネット上で決済を行うなど、今後も、この傾向はずっと拡大が続くことになると予想されています。

ここでカギとなるのがネット上のマーケティング、メールアドレスの取得です。これを、システムを使いながら行っていくのがファイナルです。ファイナルはシステムへの投資も行っていっていますし、長期的に会員と連携してビジネスを展開する仕組みを構築しています。

(収益には個人差があります。投資の判断はご自身で行ってください。)

 

長期サポート   ☆☆☆☆☆

システムの改善性 ☆☆☆☆☆

取り組みやすさ  ☆☆☆☆

収益発生力    ☆☆☆☆

 

 

特徴

〇初期費用はかかりますが、コミュニティ内で提供される情報、投資スキル、更新、改善され続けているシステム代などに追加費用は発生しません。

〇インターネット上で紹介し、メールアドレスを登録してもらうと収入が発生します。

〇メールアドレスを登録してもらうプラットフォームなどは準備されているので、することは紹介だけです。

〇紹介するための自動化されたツールもあります。このシステムは常に改善が行われ、新しいシステムも搭載されていきます。システムへの投資も常に行われて、改善がなされています。

マスターシステムはインスタグラム用、フェイスブック用などのシステムが提供されています。今後も増えていく予定です。

〇各SNSの会社は時々システムの仕様変更を行うことがあります。そのため、普通、他社で販売されているSNSのシステムは、仕様変更があると使い続けることができません。しかし、ファイナル内にはプログラマーがおり、システムも更新、改善が行われ続けています。

〇時事ネタ(ビットコインなど)も扱われることがありますが、基本はマーケティングに基づいたビジネスです。

〇報酬を分配して会員に渡す仕組みがあります。

バイナリーオプションの塾を、現在、提供しています。バイナリーオプションで必要なインディケーターも提供しています。プロトレーダーが生放送で、トレードを実演してくれる機会があります。(投資のプロといわれる人でも、生でトレーディングを見せられる人はめったにいません。)

 

実践者の声

〇よくあるネットビジネスは、3か月のサポート期間で、サポートも不十分。サポート期間が終わると主催者と連絡がつかない。ファイナルは、サポートが終わらず、すっと継続して行われていくので安心できる。

〇実際の勉強会が行われていること、ネット上でのサポートが受けられることで、マーケティングも勉強しながら取り組むことができています。

〇ほかの塾では、収入が発生したことがなかったが、ファイナルで初めて収入が発生した。

〇何もしないでほったらかしでも収入が発生するなんて他の塾では言っていますが、そういうことはないです。でも、ファイナルでは真面目に作業を行えば収益は発生します。

 

今後の展望

インターネット社会ではモノや情報、教育を買うことが、スマホ、パソコン上で行われています。購入するのに実際の店舗に行かずに、ネット上で決済を行うなど、今後も、この傾向はずっと拡大が続くことになると予想されています。

ここでカギとなるのがネット上のマーケティング、メールアドレスの取得です。これを、システムを使いながら行っていくのがファイナルです。ファイナルはシステムへの投資も行っていっていますし、長期的に会員と連携してビジネスを展開する仕組みを構築しています。

(収益には個人差があります。投資の判断はご自身で行ってください。)

 

楽だからという理由で選んではいけない、副業のポイントとは?

楽だからという理由で選んではいけない、副業のポイントとは?

 

 

このサイトで紹介している副業は

 

寝て稼げる、ほったらかしで稼げる、ワンクリックで稼げる、あなたは何もしなくてもいいといった類のものは載せていません。

 

その理由は何でしょうか?そうした言葉を使って商材、教材を紹介し、利益を得ることは実は簡単なのです。

 

ですが、そうしない理由についてお話します。

 

戦略的に副業を考えていくことが、起業家社会に必要だからです。本質的な副業を経験しておくと、社会がどのように動き、何に時間とお金をつぎ込んでいけばいいのか、そして、リターンを得たら、次に取るべき行動はなになのかを学んでいくことができます。

 

例えば、情報発信ということは、量をこなし、質を上げれば、あなたのブランド構築に役に立ちます。あなたの社会的なポジションを作ることができるのです。

 

発信をする際には、フェイスブックなどのSNSを使う、相手先のメールアドレスにあなたの情報を発信していくなどしていく必要があります。

 

SNSやメールアドレスを使った副業を経験しておけば、ネット上でポジションを取り、あなたやあなたの活動を知ってもらうことができ、あなたが起業し、何らかのモノや情報を売ろうとした場合に、役に立ちます。

 

更に事業を起こす際に、ネット上で活動をしない場合にはライバルに負けてしまうことになるでしょう。

 

メールアドレスに情報を送ることやSNSが副業にも、起業にもつながるといっても、そんなもの面倒だと思うかもしれません。

 

勉強することも発信することも大変だと思うかもしれませんが、こうした努力が起業につながります。

 

最初は、本業の空いた時間にいくらかのお金を稼ぐという副業でよいのですが、本業を超えるようになった時に、起業するという選択肢が見えてくるはずです。

 

時代は、知識社会の終焉を意味し始めています。

 

以前の社会では、知識を取得し、それを使って仕事をすることでお金を稼ぐことができました。

 

受験勉強も暗記中心でした。会社に入っても必要な知識は勉強し覚えて、それを使うということでよかったのです。

 

以前の社会は、学校で自分の選んだ分野の勉強をすればよかったのです。会社に入っても教えてもらった通りに勉強して努力すればよかったのです。

 

ですが、今の社会ではコンピュター、自動ソフト、AIの発達などにより単純な知識労働ではお金を稼ぐことができなくなってきています。

 

インターネット社会は複雑で多様な情報をもたらし、複雑、煩雑な社会にしています。

 

その複雑、煩雑なインターネット社会で、何をやればいいのかと迷っている人たちが多いです。

 

それなら、初めの1歩として、SNSを使ってみましょう。使い方が分からなければ使い方の上手な方に教わりながら副業としてもやっていきましょう。

 

メールアドレスも取得できるような副業をやりましょう。そして、情報も送ってみましょうということです。

 

インターネット社会は複雑で煩雑なのですが、逆に、使えるインフラがあふれてきているとも言えます。私たちは使えるインフラを使って起業しやすくなっているということでもあります。

 

今からの社会では、非常に複雑で多様な情報や内容を自分の中で落とし込み活用しなくてはなりません。

 

そうした時代を迎えるにあたって、副業を単に簡単にお金を稼げればよいとするのは疑問が残ります。本質的な副業を経験することによってこれらの、リソースを使いこなすための知識と経験が身に付きます。

 

人間の本能は、簡単に、寝ていても、食が得られればいいという原始的な本能も持っています。

 

また、今までと同じような社会、過去と同じような知識社会であってほしい、AIが社会の中で取り入れられても依然と同じ職業がであってほしいという願いもわたしたちは持っています。

 

それに抗いながら、本質的な、社会の変化に沿った副業を経験、実践してほしいのです。

副業元年から、がっつり儲ける、そして、この先の将来につなげる稼ぎ方。

副業元年から、がっつり儲ける、そして、この先の将来につなげる稼ぎ方。

 

 

政府が後押しして、企業に勤める人たちに副業を勧める時代になりました。副業と言っても色々ありますよね。

 

何でもお金になりそうなものなら手を出す。これだと、ジタバタ感があって、その場限りのお金儲けに終わりそうです。

 

何をしたらよいのかをまずじっくり考えてみましょう。

 

たとえば、将来はどのような仕事がなくなり、存続する仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?ということから考えてみましょう。

 

2018年1月22日にAmazon GOの1号店がアメリカのシアトルでオープンしました。この店は「レジに人がいない無人コンビニ」です。

 

Amazon GOには、車の自動運転で活用されているコンピュータ・ビジョンとディープラーニング、センサー技術が用いられています。

 

スマホひとつを携えて店舗に入るだけで簡単にスムーズな商品の決済を可能にする、まさに未来をテーマに描いた映画の中に出てくるような技術です。

 

今後、無人コンビニはアメリカでも増加するといわれています。日本でも、この流れを受けて無人化レジの店舗が増えるといわれています。

 

レジ打ちの仕事は将来的にはなくなるか、今よりも少ない人数で行われるようになります。これは、間違いのないことです。

 

以前、スーパーで働いていた人が、

 

「研修してレジ打ちを鍛えられてうまくなったのに、これからはその仕事がなくなるなんて。」

 

と、がっかりしていました。

 

皆さんもお気づきだと思いますが、なくなる仕事があるのです。

 

〇これは絶対にやってはいけない副業、アルバイト。

 

 

これは絶対にやってはいけない副業は何でしょうか?

 

それは、すぐに稼げるけど、将来につながらない副業です。一番身近なのが、レジ打ちです。皆さんは、目にしていますよね。

 

では資格はどうか?

 

これも将来は、大きく変わるといわれています。たとえば、司法試験に合格するということはどうでしょうか?

 

司法試験に通って、弁護士等になることは、以前はエリートで高収入、将来を約束された職業でした。

 

しかし、現在ではは、一部の方を除いて、お金を稼げなくなってきている職業ともいわれています。

 

将来的には、その分野に特別に詳しく経験のある人か、または、判例を記憶しているAIなどの知恵を活用できる元締めのような人しか稼げないともいわれている仕事です。

 

では将来的に成長が期待されている職業の中で活動することを考えながら、副業をするというのはどうでしょうか?

 

それはどこでしょうか?

 

その分野とは、インターネットでの仕事です。

 

Amazonの急成長ぶりが、従来のスーパーや小売業の業績を圧迫していること、ネット通販の業績が大きく伸びていることなどを考えると、この分野が成長していくことは間違いありません。

 

物販だけではありません。

 

教育も動画配信やメールを使って盛んに行われるようになってきています。

 

マーケティングも以前は、リアルのマーケティングでしたが、今はインターネット上のマーケティングやセールスに変わってきています。

 

こうした流れを受けて考えるべきことは、インターネット上で使える無料のSNSの使い方や有料でもインターネットビジネスの有効なツールを使いながら、副業で稼ぎながらビジネスを覚えていくといいうことです。

 

「ネットビジネスって、怪しくないですか?」

そして、

「もうからなくて、詐欺が多いのではないですか?」

と思われる方も多いですが、ネットビジネスも、競争原理でよいものを出さざるを得なくなってきています。

 

もちろん、いい加減なものが9割ともいわれていますので、要注意なのですが、時代の流れに沿ったネットビジネスも増えてきています。

 

これらの無料、有料のツールや教材を使いこなしながら副業をするのが、おすすめです。

 

そして、これらのものを使いこなすことが、副業社会の後の、起業社会を生き延びるのに必須となることを覚えておいてほしいのです。